南ドイツ・スイスの旅

   真渓 佐智子 会員 (1/2)  

 本年5月26日〜6月25日と1ヶ月に及ぶ列車とレンタカーでの旅を楽しまれました。出発前に入念な準備をされた結果、かかった経費(旅費と宿泊費)は一人当り、約25万円、1日当りの出費が1万円を下回り、とても経済的な旅をされました。
 この結果を一覧表にまとめて居られ、その中に記載されている宿泊先リストは、日本から直接予約を入れるのに有益かと思います。次回の会報(第43号、秋号)に投稿されていませんので、興味のある方は直接、真渓さんに照会して下さい。
 以下に写真を掲載しますが、解説と一致していない点をお許し下さい。
詳しくは会報第44号36ページをご覧下さい。
5月26〜27日:フランクフルト

(1)ホテル、ユースホステルの予約
  ガイドブックに記載されているアドレスを使って、日本から直接E−メイルで予約を行なった。但し、予約に際し、支払に使うクレジットカードbフ提示が必要となる。

 
E−メイルのない所は外国用往復はがきで申し込みを行った。
5月26〜27日:フランクフルト

(2)E−メイルでの予約は簡単でよいが間違えるととんでもない事になる。今回はインターラーケンの近くのYHに予約したつもりがはるか離れたスイスの田舎のYHに予約をしてしまっていた。
5月28〜29日:コプレンツ

(3)航空券の購入
  yahootravelの格安航空券の欄で探し、成田−フランクフルトの往復チケットを¥59,000(大韓航空)で購入した。
5月28〜29日:コプレンツ

(4)列車の切符購入
  ユーレイルセレクトパス(1等10日間)を¥57,800で地球の歩き方旅のプラザ(潟純bトトラベル)にて購入した。
 列車ダイヤはトーマスクックの時刻表でわかるが、
     
http://www.bahn.de/
で見た方が楽。
5月30〜31日:リューデスハイム

(5)ドイツでの宿は全てペンション(プチホテル)を利用したが、部屋がまあまあだし、朝食も美味しかった。
 特にお勧めはフュッセンのペンションでここは窓からノイシュヴァンシュタイン城が眼前に見え、部屋も一流ホテル並みの豪華さ、バストイレ朝食付きで64EURO(約7,500円Wルーム)は安い。


次のページへ

メニューに戻る